服部名人と平塚沖でライトタックル深海五目だぁ

facebooktwittergoogle_plus

いったいいつ以来の更新なのだろうか。
横浜のイベント以降が空白だったんだよね。
まっ、いいか。最近のことだけにしておきましょう。

日曜日は、川奈漁港より出船して、カワハギ釣り。メンバーは、高見澤さん、渡部さん、山田さん、そしてぼくの4人。
高見沢さんは投げシロギスのベテランであるが、カワハギは初めて。渡部さんは沖釣りのテスターなので当然経験者。そして平塚の隠れ家である「水連洞」マスターの山田さんは週4沖釣り師でありながら初チャレ。まあ、経験はともあれ、2時間ほど釣って、ほぼ互角の釣果でした。それにしても、川奈沖のカワハギは型がよいですねぇ。

そのまま1泊の忘年会でおおいに盛り上がったのでした。

本日は、平塚「庄三郎丸」より、深場のライトタックル五目。同行者はナント、イレブンフィッシングの服部名人。
2人でのんびり7号船に揺られながら、キンメ、クロムツ、メダイなどと遊んできたのでした。
ちなみにぼくが使用したラインは、PE0・8号。(モチロン手巻きです)
服部名人だって1号です。
水深は、最浅で140m。最深で380m。200~250mあたりが最もよかったかなぁ。
まっ、そんなわけでした。
村越正海

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。