ゴールデンウィーク後半突入

facebooktwittergoogle_plus

今年のゴールデンウィークもいよいよ後半戦に突入ですね。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
前半戦の最後から中日にかけて、北海道へ行ってきました。
札幌から日本海側方向へ3時間ほど走った、江ノ島海岸。島牧海岸といったほうが分かりやすいでしょうかねぇ。
過去に何度か海アメねらいで出かけているエリアですが、今回の本命は、サクラマス。海アメ風にいうなら、海サクラ、といったところでしょうか。
シーズン終盤の海アメと、盛期間近の海サクラの両方狙い、そしてさらには、ホッケも釣りたいという欲張り釣行。
ところが現実はなかなか厳しい。
連日の強風に加え、3日目の最終日には、ついに雨まで降り出してしまった。
海アメではなく、本当のアメ。困ったものです。
しかし、自然の気まぐれに負けていたのでは、職業釣り師はつとまらない。
風が吹こうが、雨が降ろうが、ロッドを振り続ける事になるのです。
その荒行の甲斐あって、最終日は、40センチオーバーの海アメ、60センチオーバーの海サクラ、そして良型のホッケの揃い踏みとなったのでした。
メデタシ、メデタシ。
詳細は、5月21日発売の『ルアーマガジン・ソルト』をご覧下さい。

それと、すでにお伝えしてある、でかメバル(33・5センチ)の写真が、同じく5月21日発売の『ソルティ』でご覧いただけます。
尺オーバー2尾。27から28センチ数尾、しかもこんなところでという驚きの釣行記をお楽しみください。

ともあれ、このところ、釣りはすこぶる好調です。

ゴールデンウィーク明けには、早速取材釣行へ出かけます。
今さらながらですが、それらの取材釣行が楽しみで楽しみでなりません。
釣りって、本当に楽しいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。