投げ釣りでシロギス

facebooktwittergoogle_plus

昨日の日曜日は、久しぶりに地元の酒匂海岸で投げ釣りをしました。
好天に恵まれた海岸での投げ釣りは、心地よいことこの上なし。しかも、エイヤーと海原に向けて思い切り投げるのは、爽快そのもの。
酒匂海岸のシロギスは、まだまだ安定した釣果はあがっていないのですが、この日は、所属する投げ釣りクラブ「酒匂サーフキャスティングクラブ」の月例会だったのです。
駐車場下からやや左の酒匂中学校(ぼくの母校です)下で投げた結果は、お昼までに中型と小型を2尾。釣れたのは、3色で1尾と4色で1尾。
ちなみに遠くはエサさえ取られず、近くは小メゴチと小フグ。

ところが、さらに左の、消波ブロック横で釣っていた一人が、なんと5尾。しかも、4尾はそこそこの型。
そこで、例会終了後に同所で投げてみると、3投連続で3尾の釣果。さすがに4投目は空振りだったので、気持ちよく竿を納めることにしたのでした。
ちなみに、ここでの距離は、5色~6色の間。
ブルルルルッと、いいアタリでしたねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。