伊豆半島は雪

facebooktwittergoogle_plus

 雲見(西伊豆)の沖磯へマダイ狙いで行ってきた。


 当初の予定では、いわゆるフカセ釣りではなく、メタルジグやもう少し別の釣り方で挑もうと考えていた。


 ところが、舟着き場で「佐市丸」の船長さんと話をしていると、昨日から水温がどどーんと下がり、釣果は芳しくないとのこと。ならば何でもアリ? とスズメ島へ渡礁。


 メタルジグで攻めてみるも、ナルホド反応はさっぱり。


 そこで、デアイアルロッドの3・6mでフカセツリを開始。


 エサ取りはほぼ皆無。ウキ下は13m。


 粘っていると、ドドーンとヒット。


 やり取りの末、浮いてきたのは、57㎝、2・2㎏のマダイ。


 奇跡ともいえる1尾でした。(詳細は、4月25日発売の『磯投げ情報』内「波間の自由時間」をご覧ください)


 さて、そのあとが大波乱。


 雲見から西伊豆を北上し、船原峠を越えようとしたら何と大雪。頂上付近はすでに積雪状態で、峠越えを断念。



(桜の花に雪が積もっていました)


 箱根越えも、熱函道路越えも不可能であることが判明。


 再び西伊豆の海岸線を、今度は南下。南伊豆周りで帰ることに……。


 ところが、八幡野から富戸あたりにかけて、積雪。


 チェーンが必要になる寸前ですり抜け、何とか帰宅。


 通常2時間半程度のドライブが、今日の帰りは何と6時間。


 明日は、またしても房総半島。


 このところは、なんだか房総半島と伊豆半島を行ったり来たりしている。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。