相模湾キハダはまだまだ魚影が濃い

facebooktwittergoogle_plus

今日は、相模湾のキハダ釣り。エビングでのトライです。

早朝はやや寒かったものの、昨日までいた北海道とは雲泥の差。

ちなみに、北海道は4℃でしたが、今朝の小田原は13℃ですから比べようもありません。

沖へ出ると、美しい日の出。

その後、北東風が吹きましたが、徐々に治まり、ついにはベタナギ状態に。

ベタナギは海面ばかりでなく、海中も。潮が止まり、まるで湖のようになりました。

ちなみに、ミヨシから海を覗いてみると、鏡のよう。

鏡のような、というより、鏡でした。

肝心のキハダは、船中1尾。

エサで釣れた32・5キロです。

エビングにもヒットがあったものの、どうやらメタルジグを食われたらしく、数秒ですっぽ抜け。

相模湾のキハダは、まだまだ沢山いるようです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。