東京都にこんな島があるのを知ってますか?

facebooktwittergoogle_plus


皆さんは、東京都にあるこの島の名前を知ってますか?


有名なのは、伊豆7島。内訳は北から順に、大島、利島、新島、神津島、三宅島、御蔵島、八丈島。これに、式根島(新島に含まれる)を加えれば、伊豆8島。


さらに、有名なところでは、八丈島の南にある青ヶ島や、八丈島のすぐ横にある八丈小島。


神津島に属する銭洲、オンバセ、タダナエ。三宅島に属する大野原群礁なども、釣り人にはよく知られています。


冒頭の写真は、三宅島の南西35キロの洋上にそびえ立つ、イナンバ島。島というより岩といった方が合っているのかも知れません。周囲は数100メートルの深海。そこにこんな島がポツンとそびえているのです。


そして、次の写真は、八丈島のずっと南にあるスミス島。こちらはイナンバ島よりやや大きめ。これまた絶海の孤島です。


ちなみに、このスミス島より南に鳥島、さらに孀婦岩、そして小笠原諸島へと続きます。


伊豆諸島から小笠原諸島にいたる全ての島は、東京都に属しているため、船釣りも磯釣りも撒きエサの使用は禁止されています。


もっとも、どっかの無知な政治家たちが、三宅島の近海で堂々とコマセ釣りをしているシーンがテレビや新聞で公開されていましたけどね。


ともあれ、絶海の孤島の写真2点をとくとご覧下さい。



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。