相模湾のマグロはご機嫌ナナメ

facebooktwittergoogle_plus

 今日は、久しぶりの雨。


 昨夜から降り出した雨が、朝まで残った。


 未明のカミナリも心配された。


 しかし、そんな心配をよそに、予定時刻の午前6時に出船。


 今日は、久しぶりに平塚の『庄三郎丸』22号船に乗せていただいた。


 沖へ出ると、やはり雨が残っている。



 (こんな雲行きでした)


 しかし、魚たちは元気で、トリヤマの下でドッバーンという派手なナブラを何度か目撃。


 しかし、沈みが早く、ヒットには至らない。


 何船か、ヒットを得たようだが、ランディングには至らず。


 現在相模湾で跳ねているマグロは、30~40㎏は言うに及ばず、100㎏近いサイズもたくさんいる様子。


 従って、タックルは、シイラ用では太刀打ちできない。


 本格的なマグロ用か、GT用などが必要。


 PEラインは、4~6号。ショックリーダーも、100Lbテスト以上が必要。


 ぼくが今日使っていたのは、『ソルティガツナ84』と『ソルティガZ6500』の組み合わせ。


 ラインは、PE6号。ショックリーダーは、130Lbテスト。


 ルアーは、『トップスケーター200F』。




 フックは、『ST66』の4/0。


 かなり気合が入ってます。


 今後も時間さえあれば、出撃するつもりです。


 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。