神島シーバス釣行

facebooktwittergoogle_plus


雑誌『Salty』の取材で三重県の神島へ行ってきました。ターゲットは、シーバス。


上の写真は、港から観た町並み。集落は、ここだけです。



神島の釣りに関しては、禁止エリアが多いうえ、どれほどの規制なのかがはっきりしていなかったのですが、ともあれ港周りは大丈夫! という知識のみで出かけました。で、実際出かけてみると、島内に2ヶ所、こんな看板がありました。釣り人にとってはかなり厳しい規制です。島民に聞いてみると禁止エリアが設けられた理由は、看板にもある通り、海女さんが釣り糸に引っ掛かってしまったことがあるためとのことでした。それによって現在でも、禁止エリアが設けられているとのこと。潜り漁期以外はどこでやっても構いませんよ、とのことでしたが、看板で禁止と書かれてしまっている以上、「そうはいってもねぇ」ってなかんじでしょうか。



もうひとつ気になったのが、この看板。「釣り人はゴミを散らかす人」といったレッテルを張られないよう、皆で気をつけましょう。



到着早々、タックルを持たずにあちこち見て回り、よさそうに思えたのが波消しブロックの先に見える岩場。「古里(ゴリ)岬」という所で、もちろん禁止エリアからは外れています。実際に攻めてみると、



こんなスズキや、



こんなヒラスズキが釣れました。他に、イナダやクロダイなんかもヒットしてきてびっくりです。



道中、の花々にはいつもながら心を洗われます。しかし、



 こんなヤツは勘弁です。磯へ出る道にはどうしてコイツが多いのでしょうねぇ。


というわけで、神島釣行は大満足。11月21日発売の『Salty』をお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。