キャスティズムにきまりはない

facebooktwittergoogle_plus

「キャスティズム」についての質問を各所で受けるため、ここでざっくり紹介しておきましょう。
「キャスティズム」で紹介している釣りは、本来、どんなタックルでやっても構いません。磯から、というのなら磯竿3号程度が向いているし、浜から、なら30号以下の投げ竿か9~12フィートのシーバスロッド。
で、どこもかしこもいつでもどこでもやりたい、という人に向いているのが投げ竿ということなのですね。
投げ竿であれば、価格帯問題なし。「キャスティズム」は高い! というのなら、安価な投げ竿でも大丈夫です。使用可能です。もちろんリールも。

ただし、何でも釣ると言うスタイルは、ともすれば釣りそのものにこだわりがなくなってしまいやすいですから、「釣り」を趣味として、こだわりの趣味としてとらえるなら、道具には凝りたいものです。

なぜなら、お気に入りの道具で釣りをしていれば、釣りをしているだけで、たとえ釣果が得られなくても、充実感が得られるからです。
趣味というからには、こだわりはあった方が面白いですよね。

というわけで、投げカワハギは面白いですよ。
思いつくままに書きなぐっみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。