第25回 『東京ベイ・シーバスゲームフェスティバル』

facebooktwittergoogle_plus

 第25回『東京ベイ・シーバスゲームフェスティバル』が終了しました。


 我が「シーバス・ファイティング・クラブ」は6人で参加。船は、毎年お世話になっている「入舟」さん。


 今年の参加者は、146人。参加チームは、37。


 ぼくたちは毎年、この大会に参加するのを楽しみにしています。本当は前夜際から駆けつけたいところなのですが、それは果たせず、今年も朝からの参加となりました。


 大会会場は、横浜新山下の「タイクーン」。雰囲気は抜群。それに加え、食事も大変おいしいのが嬉しいところ。


 参加者代表として、ご挨拶をさせていただきました。



 釣りに向かったのは、朝の集合時に何人もの方々から教えていただいた富津方面。でっかいコノシロが群れているため、でっかいルアーによく反応する、とのことでした。ちなみにアイランドクルーズの遠藤さん、バスメイトの徳永さん、そして古山輝男さんたちからのアドバイスでした。


 一方、同じ内容の情報を、「入舟」さんの船長もキャッチしていたため、風の中、まっすぐゴー。風が14メートルも吹いていたので、情報発信源であるチャーターボートの皆さんが行けなかったことも、ぼくたちにはラッキーでした。


 


 これは、永山副会長がバイブレーションで釣りあげた、87センチ(尾叉長です)。


 結局これが個人優勝となりました。



 これは、中山さんの釣った80・5センチで、シニアの部の優勝魚。


 さらに、



 右の女性が松山さんで、72・5センチを釣り、レディース部門の優勝。


 このときは何と、ぼくとダブルヒットでした。(ぼくが持っている魚は、69センチ)



 ぼくもちょっぴり頑張って、ファイト!


 釣りあげたのは、



 79センチ。隣に写っているのは、船長のお手伝いで乗ってくれた、飯塚君。気合の入った釣り人です。


 今日、ぼくが使用したルアーは、たったの1個。


 『ドラドスライダー』14センチ。ご存知、シイラ用のペンシルです。


 このルアーを水面でチョコンチョコンと動かしていると、ドッバーンと水柱があがり、シーバスがもんどりうって飛び出す。


 止められませんねぇ。



 どうです、痺れませんか?


 大会結果は、我がチームの総合優勝。(チーム内で大きい順に3尾を選び、その合計長寸にて決定)


 船長さん、古山さん、○○さん、ありがとうございました。


 そして大会運営にご尽力いただいた方々にも、厚く御礼申し上げます。


 来年も盛り上げてゆきましょう!


 さて、明日は、早朝の便で再び九州へ飛びます。


 狙いは、青物。


 陸っぱりで大型に挑みます!


 


 


 


 


 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。