鹿島港出船のヒラメ釣り

facebooktwittergoogle_plus

 昨夜奄美大島から帰宅し、ササッと釣り具を取り替えて、茨城県の鹿島港へ走った。


 距離は、200㎞。車でおよそ3時間。


 この日は仲間内で仕立てた船で、ヒラメ釣りを楽しむことになっていたのだ。


 船は、『不動丸』。毎年お世話になっている船宿である。


 鹿島沖といえば、風が吹きやすく、うねりが出やすい。そういう日に当たってばかりいただけなのかもしれないが、この日は風も無く、海は比較的穏やか。


 しかも、暖かな日だった。


 ただし、肝心の釣果は、いまひとつ。


 ぼくは、ようやくキロオーバーというサイズを1尾釣りあげたのみ。それでも十分楽しかったんだけどね。


 今回お世話になった「不動丸」さんにせよ、ちょいとご挨拶に立ち寄ったお隣の「植田丸」さんにせよ、笑顔で応対してくれる船宿さんがあるというのは嬉しいものですね。感謝のしようがありません。


 しかも、帰りの車中で受けた(助手席にいました)電話は、小田原漁港の「弘美丸」さんからのもの。「村越さ~ん。例のやつがエビングで釣れてますから来てくださ~い」。そういえば先日も平塚の「庄三郎丸」さんから、「村越さ~ん。キハダが釣れてますよ~」とお誘いをいただいた。


 本当にありがたいことであり、嬉しいことです。


 もっともっと走り回って、色々な釣り場へ足を運びたいものです。


 明日は、都内で会議。久しぶりに釣りはお休みですね。


 もちろん、明後日からはまた、現場に出掛けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。