ベタナギとボラ

facebooktwittergoogle_plus

 ベタナギとボラ。何の関係もないような組み合わせですが、どちらも、昨日、一昨日のぼくに立ちはだかった「壁」です。


 土曜日の夕方、海へ行ってみると、程よい波が騒いでしました。<ならば即、ヒラスズキ釣りへ走る>と、翌日の日曜日にクラブのメンバーと東伊豆へ急行! 「まあ、間違いなく何尾かはキャッチできるだろう……」


 ところが、車が海岸線にさしかかるや否や、「あれ~っ、波がないんじゃないの~」。


 目的の釣り場に近づくにつれ、海はさらに穏やかに。



 こんな感じでした。


 これじゃあいくら頑張ったってヒラスズキを釣るのは難しい。何より、軽~いノリで来たのだから、あれやこれや試行錯誤をするつもりもなし。ここちよい景色と、爽やかな天気(?)を満喫し、それで満足するしかないでしょう。


 ちなみに、日の出もバッチリ見れました。左に写っているのは伊豆大島の島影です。



 こんな景色をしょっちゅう見ているから、「初日の出」を見に行っても、それほど感激できないんですよね~。


 というわけで、その後は、釣り場探索。


 伊豆半島の地磯周りは全て把握しているつもりでいましたが、意外にも、抜けている場所がありました。


 長い間、遊歩道が荒れていて入り込めず、チェックしきれていなかったエリアに突入してみると、ああ、何て素晴らしいロケーション。


 水深が浅く、足場が高く、ブダイ釣り場? ってな感じですが、ブダイと、そして投げカワハギ釣りにはいいかもしれません。


 今度、時間をみてチャレンジしてみようとおもいますが、何せ、釣り場が広範囲に渡っているため、1度や2度のチャレンジでは済みそうにない。のんびり時間をかけてチェックしてみることにいたしましょう。


 以前、京都の写真を何点か掲載した際、とある友人から「あれは銀閣寺でしたね。すぐに分かりましたよ」って言われましたが、次の写真の場所が分かる人はおそらくいないでしょうねぇ。



 なんだか、イントロ当てクイズみたいになっちゃいましたが、とにかくベタナギが与えてくれた歩きの時間、そして見つけた絶景です。


 月曜日(昨日)は、下田湾でクロダイ釣りをしましたが、前回に引き続き、クロダイはイマイチ。そういいつつ、ちっちゃいのが3尾は釣れましたけどね。


 開始早々ヘダイがバタバタときて、その後はボラの猛襲。ボラも釣ってみると結構引きが強くて面白いのですが、なんたって目的がクロダイなのですから、クロダイを釣らねば!と延々10時間。が、結果はイマイチでした。悔しいから後日また、リベンジです。


 どうにもおさまらなかったので、帰りにLTゲーム。


 稲取漁港でメバルとクロムツが釣れました。


 クロムツは結構良型です。



 今日は原稿書きに専念して、明日は和歌山へ飛ぶつもりです。


 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。