驚きのニュース

facebooktwittergoogle_plus

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120708-00000077-san-soci

琵琶湖のブラックバスやブルーギルが、電気ショッカーを使い駆除されることが決まったらしい。

なんかもう、めちゃくちゃって気がする。

何もそこまでしなくったって……。

 

小川をコンクリートで囲って排水溝にしてしまったり、川原を埋めてむりやりグラウンドを作ったり、海岸をコンクリートで固めてしまったり……、人間って本当に勝手だよね。

 

原発があれほどの惨事を招いたっていうのに、再稼働だなんて……。

電気が不足するなんて言い訳にもならない。

どこの家庭だって決して十分とはいえないお金をやり繰りして、家計費の中でなんとか生活しているのだから、発電量に限りがあるなら、世の中もそれに見合った生活にすればいいんじゃないだろうか。

何もかも電気に頼らなくったっていいはずだし。

「旬の味は、旬の時期になるのを待てばいい」といった内容の歌詞が、吉田拓郎の歌にあったなぁ。

何もかもを今すぐ手に入れようとする考え方は、あまり賛成できないなぁ。

 

そこまで目くじら立てて、一刻を争うように生物を殺すことが、果たして正義と呼べるのだろうか?

なんだか、世界各地で相変わらず続いている戦争を見ているようで、悲しい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。