午後の芦ノ湖

facebooktwittergoogle_plus

 月曜日の午後、箱根の芦ノ湖へでかけた。


 「釣り」というより、大好きな自然の中でロッドを振りながら、のんびりしようというのが目的だった。


 数日前にでかけた湖尻・キャンプ場下では苦戦を強いられたため、この日も釣果に関してはさして期待もしていなかった。


 当日は南西の風が強く、のんびり釣りのできる場所がなかなか見当たらない。


 結局行き着いたのが、白鳥の湾。


 風は穏やかで、釣り人は皆無。時刻は、午後2時。のんびりできそうだ。



 ただし、今年は飛散が少ないとおもっていたスギ花粉の気配がチラホラ。



 ヤバイかな? とおもいつつ指先でつついてみるが、黄色い花粉が飛ぶ気配はない。なんとかいけそうだ。


 まずは、シンキングペンシルでスタート。


 20分ほどやってアタリなし。


 そこで、3gのスプーンに交換。


 と、すぐにヒット。



 30㎝ほどのニジマス。ボトムすれすれのスローリトリーブでゴツンときた。丸々太っているせいか、実に強い引きをみせてくれた。


 その後も、スプーンのカラーを換えながら続けると、コンスタントにヒットがある。そして、どの魚も丸々太ったグッドコンディションであった。



 海の釣りもいいけれど、淡水の釣りも面白い。


 何より、落ち着いた自然が心地よい。透明感のある、ひんやりとした空気もぼくは大好きなのである。


 この日は夕マヅメを待たず、早々に引き揚げ、夕方から約束していた横浜での打ち合わせに向かった。相手は、連載を担当していただいている編集者たちと、絵描きの浜中せつおさん。


 浜中さんには、新しい連載の挿絵を描いていただいています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。