奄美大島

facebooktwittergoogle_plus

 金曜日に奄美に入り、土曜日は「シーバード」でカンパチ狙い。


 前日までのうねりが残り、しかも潮が動かず苦戦が予想されたものの、「エビング」が威力を発揮してくれたおかげで、型はともかく、数は各自悠々2ケタという好釣果。


 ベイジギングタックルで存分に楽しむことができました。


 やはり現在のジギング釣行に「エビング」は不可欠。今回も、ジギングだけだったらとおもうとぞっとします。


 一応、奄美大島内では名瀬市内の「みさ釣り具」にエビングセットも、エビングしかけも揃っていますので、出掛ける方はぜひ確保してからお出かけください。


 


 一転、日曜日は、エギング。


 こちらは何とか1・2キロを頭に3杯ゲット。まずまずといえましょう。


 月曜日は、風雨が強まるみたいです。


 ナギなら…カヤックで遊ぼうとおもっています。


 


  それと、先日の大原でのひとつテンヤマダイが、17日に放送されます。



  延べ5日間という、国内ロケにしては徹底抗戦にて内容充実を目指しました。


  釣り番組としてのクオリティを保つことが、今のぼくたちにできる最大の誠意。


  とある作家が、


 「文学は時代の鏡、 作家は時代の良心」


  といったそうですが、それはあらゆる世界に共通した戒めといえそうです。


 さながら、


 「番組は時代の鏡、作り手は時代の良心」


 といったところでしょうか。


 かくあるべきと自負できる番組に仕上がったのではないか、とおもいます。


 ぜひご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。