芦ノ湖でのんびり夕涼み

facebooktwittergoogle_plus

 昨日の夕方は、芦ノ湖へ出掛けました。


 小田原市内から、西湘バイパス、箱根新道を経由して30分もあれば湖畔に立つことができる。


 しかも、今は、西湘バイパスも箱根新道も、利用料金は無料。


 そんなわずかな移動で、気温が4~5℃も下がるのだからありがたい。


 しかも、湿気が少ないため、なおさら涼しく感じるのが芦ノ湖のよいところ。


 トップウォータープラグをぶら下げ、ウエーディングで夕暮れのバスを狙うのが毎年、夏から秋にかけての楽しみなのである。


 この日入ったのは、白浜。


 芦ノ湖は今、水位が高く、ウエーディング出来る場所が限られる。


 そこへゆくと、白浜は遠浅で、広いため、いつでもウエーディングが可能。



 このオープンウォーターにトップウォータープラグをキャストし、トロトロ泳がせるのが好きなのだ。


 水位が高く、周囲の木々が湖水を覆っているため、いかにもバスの好みそうな環境も出来上がっている。



 実際、ドシャローに大型のバス何尾も見つけた!


 


 夕暮れには、あちこちで派手なボイルが起きる。


 


 持参したルアーは、トップウォータープラグのみ。


 


 ベイトタックルの確かな手ごたえ。


 


 夏の夕方の楽しみ……。


 


 *今朝の西湘海岸も、釣り人であふれていた。


  シロギスはぼつぼつ釣れているようだが、相変わらず回遊魚はイマイチ。


  早く回復してくれないだろうか。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。