釣り人増加でゴミ減少

facebooktwittergoogle_plus

 釣り人が増えるとゴミが多くなる。


 よく言われていることで、それについて反論する人はほとんどいない。


 釣り場紹介→釣り人増加→ゴミの増加


 と考える人がほとんどではないだろうか。


 しかし、釣り人とは、ゴミをまき散らす人ばかりだろうか?


 


 今日の夕方、いつものように近くの砂浜を散歩していた際、投げ釣りをしていた人に声をかけた。


「釣れましたか?」


「ショゴ(カンパチの子供)が1尾だけです」


「頑張ってください」


 そう言って、そのまま海岸を歩いてゆき、1時間ほどして戻ってくると、その釣り人は道具を仕舞い、大きなゴミ袋を手にゴミ拾いをしていた。


「その後は釣れましたか?」


「いえ、何も」


「ゴミ拾いですか?」


「ええ、花火のゴミぐらいは拾っておこうかな、と」


 


 大きなビニール袋はすでに大量のゴミが収められていた。


 


 もし仮に、釣り人がみな、同じ考えの人だとしたら、釣り人が増えるほどにゴミが少なくなる、という図式が成り立つ。


 当たり前のことであるが、釣り人がみなゴミを散らかす人、ではないのだ。


 その一件で、今日一日が嬉しい日になった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。