クロダイ、ハゼ、そしてキハダ

facebooktwittergoogle_plus

 昨日は一日中(未明から日没まで)房総半島をウロウロしていました。


 朝夕は、ポッパークロダイ、日中は河口のハゼ、といった具合です。


 潮が引くのを待って、ある干潟にウエーディングして、ミオ筋を狙っていると、そのミオに沿って港から集団で走ってきた船外機船の漁師さんに、「すみませんけど、ココは釣り禁止にしているから釣りは止めていただけますか」と言われました。


 そこは、シーバスフィッシャーマンにとっては、かなりポピュラーなウエーディングポイント。


「え、ここって釣り禁止なんですか?」


「ええ、一応港の堤防も釣り禁止にしているものですから」


「そうなんですか」


 と、素直に撤退したものの、なんだか納得がいかない気持だった。


 そんな、潮が引かなけりゃ行くことのできない海の中が、それも船の通りみちであるミオが釣り禁止だなんて、本当にそんな決めごとがあるんだろうか。


 だとしたら、相変わらず釣り場は減る一方だなぁ。


 ともあれクロダイは1バラシのみ。


 ハゼは、まずまずの魚影だが、まだちょっと小さいかなぁ。


 そういえば昨日、クラブのメンバーが小田原漁港の『弘美丸』さんでキハダをキャッチ。通いに通ってようやくキャッチした29キロ。本人にとっては、生涯最大魚に違いない。


 相模湾のキハダは、相変わらず魚影が濃い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。