写真が絵になる?

facebooktwittergoogle_plus

どちらかといえばパソコン音痴のぼくですが、最近こんなことができるのを知りました。

写真が、簡単に絵(画)に変換できる……。

しかも、タッチは自由自在……。

たとえば、↓この写真。

油絵調に変換すると、こうなります↓

水彩画ならこうなります↓

色鉛筆調はこれ↓

パステル調はこう↓

いやはや恐ろしい時代です。

しかし、どの絵(画)にも共通して言えるのは、魂がこもっていないこと。

絵描きにとっては受難の時代?

いえいえ、そんなことはありません。

こんな時代だからこそ、手描きが貴重になるのです。

実のない外形ばかりがチヤホヤされやすい時代……。

表面ばかりで裏側が取り沙汰され難い時代……。

結果ばかりで評価が決められ、過程の大切さが忘れられそうな時代……。

 

しかし、血の通った人間の心に本当の感動を与えられるのは、血の通った職人の業ではないだろうか。

 

周囲の評価に振り回されることなく、自らが本当に納得できる「道」を、焦らずじっくり歩みたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。