真鶴半島のメジナ

facebooktwittergoogle_plus

今日は午後から真鶴半島へメジナ釣りに出掛けました。

午後2時の干潮時刻より釣り始め、潮の動きだしにメジナを狙い、夕方にはクロダイを、と思っていたのですが、数尾のメジナを釣って早々に撤退。

理由は、どうやら近くに雷雲があるらしく、竿を持つ手がビリビリと痺れ、時には竿に触れたとたんにバチッと来る始末。

ぼくは元々帯電しやすいようで、雷雲が近くにあるだけでも、ビリビリと痺れてしまいます。

当然、車のドアを開けるときにバチッ! なんていうのは日常茶飯事。

というわけで、肝心の夕マヅメを待つことなく、早々に帰宅したというわけです。

下の写真は真鶴半島より見た小田原方面ですが、ぼんやり霞んで見えるのは花粉のせい?

明日はまた、クロダイ狙いの予定。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。