小八幡海岸で投げ釣り

facebooktwittergoogle_plus

夕方、小八幡海岸へ投げ釣りに出掛けた。

濁り気味ではあるが、風もなく穏やか。砂も多くなり、投げやすい。

7色投げ、サビいてくると5色でアタリ。

あげてみると、15センチほどのシロギス。

それからしばらくの間は、7~5色間でひっきりなしに当たる。

やがて……、ヒイラギの登場。

こうなるともはや、お手上げ状態。

ただひたすら、ヒイラギを釣りつつシロギスが食ってくれるのを待つばかり――。

ところで、今日は、エサの頭からハリを刺し、刺し終えたところで適当な大きさに切り、残りの部分は捨てていたのだが、そのエサを食べに、かわいい鳥がやってきた。

警戒しつつも、目の前まできてエサをついばんでゆく。

これを見て、改めてエサの付いたハリを捨てるのは大きな罪であるとおもった。

釣り人の皆さん、エサのついた仕掛けはもちろん、海岸にゴミを残さないようにしましょう。

自戒の念を込めて、あえて明記させていただきます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。