昨日の今日

facebooktwittergoogle_plus

昨日の今日を自らの目で確認するため、今日も狩野川へ向かった。

到着したのは、昨日と同じ、干潮時刻2時間前。

川を覗いてみると、昨日の濁りはすっかり消え、いつもの狩野川が流れていた。

ルアーをキャストしてみるが、ヒットはおろかボラにぶつかる感触もない。

昨日、あれほど水面に群れていたベイトフィッシュも皆無。

予想していたこととはいえ、1日で、これほど変わってしまうのである。

そして、濁った時がチャンス!という定石通り。

澄んだ日の日中は、確率がきわめて低くなる。

こんな日の狙いは、夕マヅメ以降、朝マヅメにかけて。

 

ところが、濁り水はよくない、という地域もあるのだから不思議だ。

シーバスの魚影が濃い某所では、濁りが入るとシーバスが釣れなくなる、というのである。

『ルアマガソルト』次号の連載コラムは、そのあたりをテーマとして書いてみようとおもう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。