熊野川のサツキマス(ノボリ)

facebooktwittergoogle_plus

熊野川ではサツキマスのことを「ノボリ」と呼ぶ。

そのノボリを釣りに、10年以上、毎年熊野川を訪れていたのだが、熊野川で水害があった翌年から釣行が途絶えていた。

その熊野川へ、久しぶりに足を運んだ。

ノボリを釣りたい気持ちもあるが、最大の目的は、熊野川の懐の深い自然にとけこむこと。

深い山の緑。透明な流れ。そんなロケーションの中で、河原に大の字に寝転ぶことの心地よさは、海では決して味わえないものなのだ。

家から熊野川まで、500キロ以上の単独ドライブは過酷だが、魅力は確実にそれを上回る。

現地在住の大植さんと合流し、流れに向かう。

時折、一帯を霧雨が包んだが、それさえも心地よい。

この風景にとけこむことが重要なのだ。

コンデジを水中に入れてシャッターを押してみる。

この清流が、銀ピカのサツキマスを育むのである。

そして……、相性の良い熊野川は、今回も微笑んでくれた。

たまりませんねぇ。

夕方、大植さんの先輩、松本さんの船で、上流を案内していただいた。

冷厳幽谷と呼ぶにふさわしいロケーション。

岩肌にしがみつくようにツツジが咲いていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。