相模湾にキハダ来襲

facebooktwittergoogle_plus

相模湾に、例年より半月早くキハダの群れが入ってきた。

キハダの群れがやってくるようになって、すでに7年目。

今ではすっかり当たり前の光景になった。

昨日(12日)、でかいルアーを持って、いざ出陣。

ところが沖は、北東風が強く、荒れ模様。

魚は高活性でヒットは多かったものの、フックアウトやラインブレイクが続出。

荒れた海でのオフショアゲームは、若手アングラーたちに譲り、キャビンで横になり、熊野川からのロングドライブの疲れを癒すことにした。

今年もいよいよキハダ釣りのシーズン到来、ということである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。