茅ヶ崎沖にてマルイカ釣り

facebooktwittergoogle_plus

予想だにしなかった大雪の影響で、取材スケジュールが目まぐるしく変わっています。

そう、大雪ばかりでなく、季節外れの勢力の強い低気圧の影響も少なくありません。

日程変更、釣り場変更、釣り物変更と、変更の嵐。

そんな中、月曜日は茅ヶ崎の「一俊丸」にて行われた『ザ・フィッシング』のマルイカロケに同行してきました。

(江の島からあがる朝日)

出演者は、宮澤氏と永田氏の二人。それにサポート部隊が5人。

ぼくは、とある実験のため、カメラに写り込まないトモ近くで釣りをしていましたが、実験成果はウーン、といった感じです。まあ、思いついたら即実験。当然、結果がよい時もあれば、悪い時もあります。いや、悪い時の方が確実に多いです。

 

そんな繰り返しの中で、時に驚くほどよい結果を得ることがありますから、実験&チャレンジは止められません。

(取材はベタナギ好天の中で行われました)

さて、取材の方は実に順調で、出演者、サポート部隊のウデが光ります。マルイカ釣りの釣果は釣り人のウデと道具が左右する、を実感するような内容になったと思われますから、興味のある方はぜひ放送をご覧ください。放送日は、3月1日。こうご期待!