『つり情報』連載「沖釣りイノベーション」取材

facebooktwittergoogle_plus

『つり情報』誌にて連載中の『沖釣りイノベーション』取材。

今日の相模湾は、ベタナギ快晴。

こうなると、冠雪した富士山がよく見えます。

釣りものは、現在相模湾で好調のアノ魚。

釣りライターの訓覇啓雄氏も、連釣。

釣果があがり取材が成立すると、斉藤記者もたまらず竿を出し、すぐにご覧の通り。

狙った魚は……??。

ほんのちょっぴりお見せすると……。

4月15日発売号と5月1日発売号にて掲載される予定です。

 

その前に、4月1日発売号の同連載では、LTキンメ(後篇)が掲載されます。

網代港の「水健丸」より出船しての実釣取材編ですが、PE1・2号によるキンメ釣り。

水深は200メートル強。

時代が変わり、釣り具が変わり、沖釣りの常識も変わりつつある……。

いや、変わるのが自然、だとぼくは思うのです。

こうご期待!

 

 

 

 

「『つり情報』連載「沖釣りイノベーション」取材」への1件のフィードバック

  1. 凪。
    おはようございます~
    自分は!船酔いの危険性があるのでベタナギがいいですね~ 記者さんも釣りたくてウズウズしてたのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。