洲崎沖で『つり情報』の連載用取材

facebooktwittergoogle_plus

千葉県洲崎港より、『つり情報』にて連載中の「沖釣りイノベーション」の取材で出船しました。

DSC_0129

さて、この写真は何釣りをしているところでしょう?

 

答えは、「タイラバ」。

で掛かっているのは、マダイ。

DSC_0656

 

7月1日発売号、15日発売号と続く、「タイラバ編」①②をぜひご覧ください。

明日は、投げのシロギス釣り。

大磯海岸でダイワの予選会に出場です。

 

「洲崎沖で『つり情報』の連載用取材」への2件のフィードバック

  1. つり情報はまだ沖釣り専門誌になる前、烏帽子や平島でのチヌ釣りの記事を父が書いていたように記憶しています。
    とても懐かしいです。
    ところで、タイラバもひとつテンヤも相模湾ではあまり聞きませんが、やはり難しいんでしょうか?
    興味はとてもあるのですが…

  2. 六平丸は僕のメイン船です!笑

    ポイントまで10分〜なので女性やお子さんも楽々行けるのがいいですね!

    去年は2回、1時間以上の格闘の末逃した獲物がいましたがなんだったんだろー、、、

    魚種も豊富で洲崎は好きですよー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。