宮古島のキハダゲーム

facebooktwittergoogle_plus

今週末の『ザ・フィッシング』は、<ド迫力!宮古島のオフショアフィッシング>をお送りします。

内容は、パヤオのキハダ釣り。

古谷秀之さんは、トップウォータープラグで良型をキャッチ。

ぼくはもっぱら、エビングで……。今回はスライド式のモバイルテンビンを使用。

タックルは、ベイジギングとリョウガのコンビ。使用ラインは、PE2号。

したがってファイトはこんな感じ。

このファイトであがってきたのは、良型のメバチ。

もちろんキハダも釣れました。

西野成彦さんはメタルジグにこだわり続け、ついに良型をキャッチ。

3人3様のパヤオゲームをお楽しみください。

エビングテンビンにセットしてあるメタルジグは、近日中に発売予定の『MMジグ』200グラム(ダイワ)。150グラムと200グラムが追加モデルとして発売される予定です。

 

 

「宮古島のキハダゲーム」への1件のフィードバック

  1. 三者。
    こんにちは~
    三者三様の釣り方で見所満載ですね~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。