釣り大会

facebooktwittergoogle_plus

釣種ごとの大会の空気感が好きで、毎年色々な釣り大会に一般選手として参加している。

昨日は、毎年参加している「ダイワ スーパーバトルカップ投げ」の大磯地区大会。

海岸での投げ釣りは、大好きな釣りの一つ。魅力は、爽快なキャストとブルルルルッとくる強烈なアタリ。

 

ただし、大会で皆が一斉にオモリを投げると、着水音が響き渡るとみえて、考えられないほど釣れなくなる。

昨日も苦戦……、で、地区大会突破ならず。

また来年参加することにしよう。

 

さて今日は、いくつかの原稿を仕上げなくてはならず、朝からパソコンに向かっている。

新たな書きおろしの構想も立てなくてはならないし、ホームページのリニューアルへ向けての作業も山積している。

ただし、仕事に追われるのは楽しい。

全てが、釣りにつながることばかりだからだ。

 

同郷の釣友、夢枕獏さんは、「一番好きなことは小説を書くことで、二番目に好きなことは釣り」と言っていたが、ぼくの場合は、「一番好きなことは釣りで、二番目に好きなことは原稿を書くこと」となる。

明日からはまた「ザ・フィッシング」の取材のため、一番好きな、「釣り」に出掛ける。

 

「釣り大会」への2件のフィードバック

  1. 解禁。
    今晩は~
    海に向かってフルキャスト、投げ釣りの楽しみの一つですね~鮎釣り解禁の河川では、鮎釣り師で賑わってますね~

  2. 16日の大会
    お疲れ様でした。
    昨日の大会、自分も参加していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。