先週の『ザ・フィッシング』の補足

facebooktwittergoogle_plus

先週放送した『ザ・フィッシング』は宮古島のパヤオゲームでした。

出演者は、古谷秀之さん、西野成彦さん、そしてぼくの3人。

釣り全般を30分の番組内に収めるのが難しく、カットされてしまった釣果が多数あったため、本ブログにて若干の補足をさせていただきます。

釣り場は、沖縄県宮古島のパヤオ周り。

一目瞭然の浮きパヤオと、水面下に沈んだままの沈みパヤオがあり、今回の釣行では、主に沈みパヤオ周辺での釣果が勝っていました。

初日は、浮きパヤオ周りのみで、この日の最大魚は、古谷秀之さんがトップウォータープラグで釣り上げたキハダ。

ヒットルアーは、『縮尺2/3PEN』。

ロッドは『ソルティガ・ツナ80S』、リールは『ソルティガエクスペディション5500H』。ラインは、PE5号。

 

2日目は朝からパヤオ周りをトップウォータープラグで攻めたものの反応なし。

それでも魚群探知機には魚影が映し出されていたため、即『エビング』で即ヒット。

ただし、小型が多かったため、その後沈みパヤオへ移動。

トップウォータープラグで攻めてみるが、やはり反応なし。

すぐにタテの釣りへシフトチェンジ。

小型主体に釣りつつも、100メートル層でヒットしたのが、番組のエンディングで使われたメバチ。

↑ 番組はここで終わり。

 

その後……、

古谷さんはアシストフックにソフトルアー『DRスティック』を付け、良型のメバチをキャッチ。

さらに、メタルジグオンリーにこだわっていた西野君も、良型のメバチをキャッチ。

 

さらに粘って、『エビング』で待望のキハダをキャッチ。

 

限られた放送時間内に多くの要素を入れ込むことは難しい、と感じた番組内容でした。

 

というわけで、宮古島のパヤオ周りは、放送内容以上によく釣れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「先週の『ザ・フィッシング』の補足」への1件のフィードバック

  1. 前後編。
    今晩は~
    前編後編、二週連続放送して欲しいですね~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。