『ソルティガ5000』にPE6号300m

facebooktwittergoogle_plus

明日は、エビング船に乗り込み、相模湾のキハダに挑む。

ところで、『ソルティガ5000』の糸巻き量をカタログで見ると、5号300メートル、6号250メートルとある。

同5500番では、6号が270m。

ところが、最近の『ソルティガ』は、キャスティング時のトラブル回避のため、ややゆとりをもって糸が巻けるように設計されている。

そこで、ぼくは時にやや強引に、PE6号300メートルを両サイズのリールに巻き込み使っている。

しっかりテンションをかけて巻き込めば、ご覧の通り。

dsc_0275

↑ 5000番にPE6号300メートルを巻き込んだ状態。

dsc_0278-2

↑ 5500番にPE6号300メートルを巻き込んだ状態。

ちなみに、5000番にPE5号300メートルを巻き込んだ状態は、こんな感じ。 ↓

dsc_0282-2

拡大すると、こうなる。 ↓

dsc_0283-1-1

基本的には、キャスティングの場合は、やや少なめ、ジギングの場合は目いっぱいというのがラインの巻き方。

さて明日、エビングにキハダはヒットしてくれるだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。