遅ればせながら、寒中お見舞い申し上げます。

facebooktwittergoogle_plus

随分遅くなってしまいましたが、早々に賀状をいただいた方々には、心より御礼を申し上げます。

また、寒中お見舞いをいただいた方々には、返信が出し切れずお詫び申し上げます。

一部の方々には、以下のような文面の寒中お見舞いを送らせていただきましたが、全ての皆様に送付することができず、このブログをもってのご挨拶とさせていただきますことをご容赦いただきたいと存じます。

寒中お見舞い申し上げます

寒さが一段と厳しくなってきました。皆様、お変りございませんでしょうか。

喪中につき、年始のご挨拶を差し控えさせていただき失礼いたしました。

三月には、いよいよ還暦を迎えます。先輩方に「正しい還暦の迎え方」について聞き回った結果、「素直に年齢と向き合う」という結論に達しました。

つまり、六十歳らしい六十歳になるということです。目標は、七十歳を超えても荒磯に立つヒラスズキ釣り師。今年もよろしくお願い申し上げます。

2018年1月                   村越正海

本年もよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。