チチブでハタ狙い

facebooktwittergoogle_plus

今日は、東伊豆八幡野の磯でかねてから試してみたかった、チチブの生き餌でハタ狙い、を敢行してきました。

結果は、まるでダメ。

以前、イソスジエビで色々な魚にチャレンジしてみたところ、ことごとく嫌われ、餌としてはいいところなし、といった結論に達したことがありました。

その時同様、生命力はあるものの、ほとんど何も食ってこないということがよくわかりました。

今日、食らいついてきたのはウツボのみで、ハタ類はおろかカサゴさえ食ってきてはくれませんでした。

冷凍保存しておいたマハゼを使ってみると、すぐにカサゴがヒット。しかも、投入の度にアタリがあり、しばらくすると餌だけを取られてしまうという状況が繰り返されました。

他にも、イカ、キビナゴなどを試してみましたが、チチブ以外はエサトリのアタリがひっきりなしに竿先を震わせます。

もちろん、これはこれで貴重なデータです。

当然のことですが、気になったことは一つ一つ、地道に確認してゆかなければならないものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。