エビングでカツオとキメジ

facebooktwittergoogle_plus

遅れていた相模湾の回遊魚が、いよいよ本格的に釣れ始めた。

7月下旬現在、キハダの姿は確認できていないものの、カツオとキメジ(10㎏以下のキハダ)は結構いる。イワシの活き餌を撒いて足を止め、活きたイワシを餌にして釣るライブベイト船では、よい群れに当たればカツオとキメジが順調に釣れているようなのだ。

そんな状況から察するに、8月1日のコマセキハダ&カツオ釣りが解禁になれば、コマセにカツオやキメジが反応するに違いない。となれば、同じ群れを狙うエビングも好調に釣れるものと考えられる。

ただし、キハダの姿が確認できていないことから、ハリスやハリを、若干細く小さくした方がよいような気がする。キメジはともかく、カツオの食いは、ハリスが細い方が断然良いケースが多いからだ。

そこで、ベースとなる『エビングキハダセット』のハリス部分だけを、ハリス20号ハリ1/0の『エビング仕掛け』と交換して使うことをおすすめしたい。

これが、セイカイコレクションの『エビングキハダセット』。

内容は、こんな感じ↓

そして、交換仕掛けは、これ↓

 

もちろん、慣れた人なら、全てをバラで購入し、組み合わせるという手もある。

①まずは、『エビング専用直線テンビン』。M サイズとLサイズがある。(ぼくはLサイズを好んで使っている)

②仕掛けは、↓

もちろん、キハダの姿が確認できるようになったら、基本の2/0×24号にして万全を喫していただきたい。

③メタルジグは、暴れすぎず、スライド幅を極力抑えたエビング専用の『ムラジグV2』200gがおすすめ。↓

好みのカラーでよいが、基本的なカラーセレクトは、朝夕のゴールドベース、日中のシルバーベース、曇天の日のグロー。写真では若干分かりづらいが、左から3番目がグローカラー。

8月1日以降の展開が今から楽しみでならない。

 

今年もこんな釣果を望みたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。