酒匂海岸の夕景

facebooktwittergoogle_plus

家にいる時は海岸へ散歩に出かけることにしています。


酒匂海岸は、いうなればぼくの釣りの原点。産湯のようなものです。


のんびり海を眺めていると、えもいわれぬ穏やかな気持ちになれます。


今日は、出掛けに宮崎県の釣友、友草清一君から電話をもらいました。「村越さんそろそろオオニベの気配が漂ってきました。ぜひぜひ……」てな内容の、釣り人同士ならではの他愛のない会話がなんとも心地よく感じられました。こうして、ぼくは大勢の釣り人たちから貴重な情報をいただきつつ、釣り人生を満喫しているわけです。そんな仲間たちにはどれだけ感謝してもしきれません。せめて、多くの方々にそんな釣りの魅力の数々をお伝えできればよいのですが……。


愛犬「ティアラ」を連れ、夕暮れ迫った海岸へ出てみると、穏やかな海が広がっていました。前方には米神、根府川、真鶴半島がうっすら浮かび、青色と茜色のグラデーションに彩られた空には、ポツリポツリと星が出ていました。



そのまま真っ暗になるまで海岸を散歩し、家に帰ってきたところです。


明日は午後から雨になるそうな。火曜日は天気次第でまたまたクロダイ釣りへ行こうと思ってます。まだまだイシダイ釣りにも行きたいし、そろそろブダイ釣りにもメジナ釣りにも行きたいですね。そうそう、今日は連休中ということもあってか、酒匂川河口周辺には多くのルアーフィッシャーマンがシーバス狙いで入っていました。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。