海晴丸のPHにスピニングカワハギの詳細が

facebooktwittergoogle_plus

先日お世話になった鹿児島錦江湾の「海晴丸」船長から昨日メールをいただきました。「村越さんのスピニング・カワハギのページを作ってみました」との連絡。



早速覗かせていただくと、実によくできています。スピニング・カワハギに興味のある方には、参考になると思いますのでぜひ覗いてみてください。


アドレスは、http://www2.synapse.ne.jp/kaisei/  となっています。


海晴丸の中田清治船長ありがとうございました。



こちらは「ソルティ」編集部山本記者会心の1尾。27㎝でした。


通常、取材記者がタックルを持参することはまずないのですが、「ルアーフィッシング(ヒラスズキ)取材の合間にちょいとカワハギ釣りをやるからタックルを持参するように」と水を向けたところ、このところカワハギ釣りにハマッている山本記者は、まるでカワハギのように飛びついてきました。


そして、このサイズをキャッチ。


ちょこっと竿を出した時の彼は、実に魚運がよいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。