稚アユが遡上しはじめています

facebooktwittergoogle_plus

 酒匂川に稚アユが遡上しはじめています。量はまだ分かりませんが、そろそろ今年のアユ釣りが気になるところですね。


 その稚アユを追って、シーバスが河川内に入るのも自然の流れ。そろそろいい時期に突入ってところですかね。ちなみに河川内にいる稚アユのサイズは、5~6㎝でした。



 川の流れに浸かっていると、遊び心が刺激されます。で、5WのLEDライトを片手にリバーウォッチング。すると、意外にもテナガエビがたくさんいました。テナガエビといえばなんとなく“夏の遊び相手”と考えていましたが、冬でもちゃ~んといたんですね。しかも、夏と同じ、浅場にもいました。


 川の流れに浸かって夕暮れを迎えるっていうのは何とも言えません。


 夕日が落ちた後、西の空が再び青くなると、すぐによるがやってきます。


 そんな澄んだ空に、飛行機雲がのびている。



 明日もよい天気になるといいですね。


 ちなみに、早川漁港にも稚アユがたくさん入っていますが、こちらは3~4㎝とやや小さめ。そして、まだ数は少ないですが、シーバスも入り込んでいます。


 そのシーバスを釣るのは至難の業。


 確実に釣る方法を、どうしても見つけることができません。目の保養にはなりますが……。


 そういえば、今日、芦ノ湖へ行った友人によれば、箱根湾で、放流したてのニジマスがコンスタントに釣れているとのこと。


 この週末に、のんびり遊ぶにはよさそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。