サーフのヒラメ・マゴチ

facebooktwittergoogle_plus

今日はクラブの月例会で、地元小田原の酒匂海岸小八幡海岸でヒラメとマゴチを狙いました。

天気がよく波も穏やかとあって、絶好のフラット日和。

P4190915

ぼくは、家の裏の海岸でヘビテキ(ヘビーシンカーのテキサスリグ)1本やり。

タックルは、ロッドが↓『モアザンAGS97M』で

P4190920

 

リールが↓『イグジスト3012H』。

P4190918

ラインは、PE1・2号。ショックリーダーは、ナイロン30lbテスト。

午前5前から始めて、午前6時半過ぎにガッガッと当たったのだが、フッキングに持ち込めず。

海岸には多くの釣り人が繰り出していました。

P4190927

仲間たちの釣果は、マゴチ2尾。

最大は、58センチでした。

沖合には不自然なほど密集した船団が見える。

P4190928

おそらく、引っ掛け釣りで爆釣中のカマス釣り船団だろう。

 

 

「サーフのヒラメ・マゴチ」への3件のフィードバック

  1. 伊東港などでもカマスの投げサビキならぬ投げ引っ掛け釣りを見ますが、個人的にはあまり釣りとして美しくないような気がします。

  2. そうですね~(^ω^)
    カマス引っ掛け、連日の高釣果ですからね~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。