慶應義塾大学釣魚部OB会

facebooktwittergoogle_plus

昨日は、「慶應義塾大学釣魚部OB会」の総会に招かれ、講演をさせていただきました。

平均年齢50~70歳(現役の方も10数名いらっしゃいました)。

となれば、ほとんどが人生の大先輩。

釣りに関しても、深くて長~い経験をお持ちの方々……。

一体ぜんたい、どんな雰囲気の集まりなのか?

分からぬまま、ちょっと早めに会場へ。

実行役員をはじめとする数人の方々と雑談を交わしてみると、どなたも相当の釣り好きであることがはっきり分かる。

ならば、話は簡単!

いつもの講演会の感じで、等身大のまま話をさせてさせていただくことにする。

感触は、まずまず。というより、話をしながらぼく自身も楽しませていただいた。

改めて、釣り好きの集まりっていいなぁ、と感じさせていただきました。

そのまま懇親会に突入、で、ぼくも参加。

釣り好き80人弱の方々との交流は、実に楽しく、実に内容の濃いものでした。

慶應義塾大学釣魚部OB会のみなさん、現役釣魚部のみなさん、昨日は貴重な会にお招きいただきありがとうございました。

 *幹事の村上潤様より当日の写真を送っていただきましたので、ここに掲載させていただきます。

↑ 総会当日の参加者の皆さん。

 

↑ 慶應義塾大学釣魚部 現役の皆さん。

 

↑ 人生の大先輩方に、稚拙な話を熱心に聞いていただきました。

 

↑ 左から、

  今会の幹事で事務連絡を担当していただいた村上潤さん

  100年以上の歴史を誇る「国府津館」の4代目の簑島恭夫さん

  前・山北町町長の瀬戸孝夫さん

  そして、ぼく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。