羽田空港にて出発待ち

facebooktwittergoogle_plus

 ただいま羽田空港にて、奄美空港行きの出発待ちをしています。

 ところで昨夕、家の前の小八幡海岸にて1時間半ほど投げ釣りをしました。

 6色半ほど投げ、5色までサビいてきたところでブルルルルッ、ブルルルッときて小型なれど一荷。

 次も同じ距離から始め、やはり5色でアタリがあり同級。

 次は、ダイレクトに5色チョイに投げ、やはり5色でまずまずの型を1尾。

 といった具合で午後6時20分に終了するまで毎回アタリがあり、楽しむことができました。

 ポイントは、5~4色間が最もよく、さらに手前の3色半でも釣れたことから、いよいよシロギスの活性が高まってきたのではないかとおもわれます。

 それにしても、穏やかな海岸でのフルキャストは、スカッと爽快な気分になれますねぇ。

 シロギスのブルルルルッというアタリが手に残ってしまったため、残ったエサと若干の仕掛けを奄美大島へ持参することにしました。

 奄美大島での本命は、アオリイカで、 間隙を縫って、ポッパークロダイ。

 時期的にはカンパチも狙いたいところですが、日程に余裕がなく、今回は断念せざるをえません。

 さそこで、ちょっとした時間を使って、キス釣りをしてみようとおもっています。

 ちなみに、奄美大島に生息しているのは、ホシギス(沖縄に生息しているホシギスと同種)で、シロギスは生息していません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。