好天の沖縄

facebooktwittergoogle_plus

最終日の沖縄は、ようやく朝から好天となった。

「今冬の最低気温を記録」と言いつつ12℃近くもあるのだからやっぱり沖縄は暖かい。

しかも日中の車内は暑いくらいで、時折クーラーをかけるほどであった。

肝心の釣果は……、何とホシギスもモトギスも釣れず、ゼロに終わった。

一つの理由は、心地よいロケーションの新たな釣り場を求めて3日目までの実績場をあえて攻めなかったこと。

そしてもう一つ考えられるのが、水温の低下。

何せ、オモリもエサも冷たくなって帰ってくる。前日までとは雲泥の差だ。

 

 

朝から一気に北へ走り、攻めること数か所。

↑こんな場所や、

↑こんな場所を攻めてみましたが、ホシギスは釣れず。

ブルルルルッ、と来たかとおもえば、こんな魚(ニセクロホシフエダイ)ばかりでした。

というわけで、今回の沖縄での釣りを終え、夜中に帰宅。

やっぱり関東は寒い。平塚の相模川河口の橋上で確認した気温は、ジャスト0℃でした。

 

では最後に、今回活躍してくれたタックルの写真を載せておきます。

ちなみに竿は、『キャスティズムT20-365』。すなわち、振り出し投げ竿、20号の3メートル65センチということ。

リールは、キャスティズムQD(クイックドラグ)。

道糸は、1・2号でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。