今日も十三湖のシーバスは元気でした

facebooktwittergoogle_plus

今日はおかっぱりから、シーバスを狙いました。

晴天、高温の中でも、シーバスは元気。

まずまずの釣果でした。

午後からは、川へ立ち込み。皆の恐怖は、大量にいるエイ。

エイガードなしには安心して立ち込むことができません。

ぼくのエイガードは、外付けタイプ。

エイガード不備のカメラマンと編集者は、終始恐怖との戦いだったようです。

こちらはカメラマンの市川氏。

 こちらは編集長の中川氏。

釣果はまずまずでした。

宿へ帰ると、すでに夕食の時間。

食事をしながら宿(民宿和歌山)のマスターが、蜆に関するさまざまなウンチクを教えてくれました。

十三湖産のシジミと民宿「和歌山」のマスター。

ぼくは以前から、シジミちゃん本舗の「肝助」を愛飲していたのですが、どうやら、よりよいシジミエキスがあるようです。

ちなみに十三湖産のシジミは、このようにして集荷されます。

朝水揚げされたシジミがコレ。

ちなみに泊まった宿の「民宿和歌山」さんは、シジミラーメンを最初に売りだしたレストランも経営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。