小八幡海岸シロギス好調

facebooktwittergoogle_plus

午前10時。仕事の手を休め、犬を連れて海岸の様子を見に出かけた。

風は、北北東。やや強いが波は穏やかで釣りに支障はない。

投げのシロギスは、波口でコンスタントに釣れている。いよいよ楽しい季節。海さえ穏やかなら、シロギスの心地よいアタリを堪能できる。午前10時の時点で、常連師は優に10尾以上。見ている前で、2連。実に楽しそうだ。

そして、3色付近では、広い範囲で海面が黒くなっている。そう、シコイワシの群れが東から西へ、ゆっくり移動している。

その下にはきっと……。

こうなると、釣り物に迷う。

 

波口のシロギスを堪能するか。

投げサビキでイワシを釣るか。

はたまたメタルジグでサバを狙うか。

そして夕暮れの一時は、投げサビキのアジ。

 

今の時期は海さえ穏やかなら釣りものが豊富で嬉しいことこの上ない。

もちろん荒れればヒラスズキ。雨が降って川水が濁れば河口のスズキ。

昨日解禁となった酒匂川のアユも気になる。

 

水辺近くに住む釣り人の悩みといったら、釣りものが多すぎて落ち着かないこと、だろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。