相模湾キハダ釣行

facebooktwittergoogle_plus

今シーズン初のキハダ釣行は、無念の玉砕……。

早朝、平塚「庄三郎丸」に到着すると、驚くほどの釣り人の数。

ルアーだけでも、開幕したばかりキハダ船が4隻、シイラ船が1隻、タチウオ船(エサ釣りと混船)が1隻と休日と見紛うようなにぎわいぶりだ。

朝のうちは風もなく、天気も上々。

やがて、トリヤマの下で、キハダ(キメジ)がガバッガバッと跳び交う。

それを目の当たりにして船上は大盛り上がり。

しかし、現実は厳しい。

魚はいるのにルアーに食いついてくれない。

時折小型のキメジがヒットしてくるも、キハダは気難しい。

結局、最後の最後に20キロ級があがったのみ。

相模湾に「夢」を追いたい方にはおすすめの釣りである。

この顔。

何とか、1日でも早いうちにこの顔を手にしたい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。