鹿島漁港「不動丸」にてヒラマサ&ワラサ

facebooktwittergoogle_plus

鹿島港の「不動丸」にて、『つり丸』の取材も兼ね出船。

午前中は大うねりで苦戦。それでも、船内でワラサや同級のヒラマサが取り込まれてゆく。

午前のストップフィッシングは、午前11時半。いったん港へ戻り、船宿さんサービスのカレーをいただき、午後1時に午後便出船。

夕方になるにつれ魚たちの活性が高まり、4、5人のロッドが曲がるという光景が頻繁に展開された。

今は、ジギングメインだが、やがて水温が高まってくれば、キャスティングでも釣れ始める。

そうなったらまた出かけたい。

(↑これはヒラマサ)

ヒットルアーは『ムラジグV』100グラムでした。

装着したアシストフックは、4/0サイズを1本。

1本フックのよいところは、しっかり口内に掛かること。

 

活高まったせいか、ダブルヒット、トリプルヒットが続いた。

ダイワ、フィールドテスター仲間の西野君も、オリジナルルアー『背黒』で連発。

 

とっても楽しい釣行でした。

 

「鹿島漁港「不動丸」にてヒラマサ&ワラサ」への1件のフィードバック

  1. 黄。
    こんにちは~
    鮮やかな黄色ですね~鹿島のヒラマサ一層黄色く見えますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。