小八幡海岸のイワシ&サバ

facebooktwittergoogle_plus

先週の木曜日から海岸のサバが復活しているとのことで、早速、夕方から小八幡海岸へ行ってきました。

まずは、投げサビキでカタクチイワシを捕獲。

波状的にやってくる群れは、投げサビキで結構釣れます。

 

そして、夕方はメタルジグでサバ狙い。

 

左右の堤防先端ではコンスタントにヒットしているものの、砂浜ではなかなか釣れず。

ようやく釣りあげたのは、クラブメンバーの大野君。

↑ これはゴマサバ。

ヒットルアーは、『ムラジグV』30グラム

カラーは……、よく見ればゴールドベースのグリーンバックだったと分かる。砂浜からのキャスティングは、メタルジグの塗装が剥げやすいのです。

それでも、こんな状態になってもメッキがはげないのがこのルアーのよいところ。

アシストフックは、大きめのシングルを1本だけフロントから垂らすのがスマートですね。

 

明日以降も、サバ、イワシ共に期待大です。

 

「小八幡海岸のイワシ&サバ」への2件のフィードバック

  1. たまりません!!!
    こんばんわ!

    新鮮なカタクチ鰯を酢で締めて、日本酒又は
    焼酎ロックできゅ~~~っと・・・
    残りは干して、さっと炙って・・・

    ダイエット中の私には、
    たまりません・・・

  2. 初夏。
    今晩は~
    新品のメタルジグでも直ぐに塗装下地が剥げ落ちメタルジグ本体の鉛、タングステン、が表れるメタルジグがありますがメッキ加工が残るのは下地処理加工が確実に行われているのですね~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。