ミイラ取り

facebooktwittergoogle_plus

今朝から待ったなしの締め切り原稿と闘っている。

短いのが2本と、中くらいのが1本。

その短いのを書き出すにあたり、頭の隅っこに引っ掛かっていた開高健の名言を確認しようと、記憶にある本を棚から引き出し項をめくってみるが、お目当ての文章がどこをどう探しても見つからない。

IMG_4944

そして気が付けば、いつの間にか読書モードに突入していた。

――電話が鳴る。

「モシモシ村越さんですか。締め切り忘れていませんよね」

「もちろんですとも。ただし今は、資料探しの真っ最中で、びた一文進んでいません。ちなみに、これこれこういう文章を探しているんですが、心当たりはありませんか?」

「あっ、えっ、いや、知りません」

「出来るだけ早く書きますからしばしお待ちを……」

「お願いします」

文章探しはその後2時間近くたった今も続いている。というより、完全に読書モードに入ってしまったようだ。

ふと気づけばこんな時刻。さすがに書かねばまずかろう。

というわけで、今回はテーマを変更して書くことにする。

名言探しは、原稿を書き終え脱稿した後、続行することにした。

それにしても、文豪たちの釣り本は、何度読み返しても飽きることが無い。

 

写真を撮るついでに、庭の花も何枚か撮ってみた。

IMG_4930

IMG_4940

IMG_4941

写真を撮ると、なぜか気持ちが落ち着く。

不思議だ。

「ミイラ取り」への4件のフィードバック

  1. 我が家のエンゼルトランペットも咲いてますよ(≧∇≦)お時間あるときにでも散歩がてら見に来て下さい(*^_^*)

  2. 探し物って、探そうとすると見つからず、どうでもいい時に見つかりますよね。
    何でなのでしょうね?

  3. 今晩は~
    物書き大変な作業ですね~秋が深まりますね~

  4. 「私は挑戦し、征服するが、殺さない。支配しない。そういうことには興味がないのです。」
    あの一文には痺れました。
    さすがというか、ゲームフィッシングの精髄を巧みに切り出して余るところがない、そんな風に私も思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。