Arthur Rimbaud(アルチュール・ランボオ)

facebooktwittergoogle_plus

P3170471

これは、ランボウの詩の一篇である。

別人による訳詩は、以下の通り。

P3170472

同じ詩がこうも違ってしまうのは、訳者の知識、趣味、価値観の違いによるもの。

すなわち、事物は、見る人、聞く人、表現する人によって全く別のものになってしまうということ。

素材を生かすも殺すも料理人次第、ということなのである。

 

「Arthur Rimbaud(アルチュール・ランボオ)」への2件のフィードバック

  1. いつも楽しみに見させていただいてます。

    こういう時は原文を載せていただいたら嬉しいのですが。

  2. 今晩は~
    言葉や情報等言わんとすることを正しく伝えるのは、難しいですね~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。