LT大カマス釣りが面白い

facebooktwittergoogle_plus

昨日、『隔週刊つり情報』誌で連載している『沖釣りイノベーション』の取材で平塚港「庄三郎丸」より出船、テンビン仕掛けによるLT大カマス釣りに挑んできた。

釣り場は瀬の海。

P3160436

カマス船団が出来ていたのには驚いた。釣り船は、平塚だけでなく、茅ケ崎、大磯、小田原からも集まっていた。

挑んだのは、テンビン仕掛けによるカマス釣り。

これが実に面白い!

P3160455

簡単に言えば、タチウオ釣りのような感じ、となるのだが、間違いなくタチウオ釣りより難しい。

アタリを出すのも難しければ、合わせるのも難しい。腕に覚えのある人はぜひぜひ挑んでみていただきたい。

はっきりしているのは、大カマス(35~40センチ)は沢山いること。

沢山いるのになかなか食わず、例え食ってもハリ掛かりさせるのが難しい。初心者向きとは言えないが、魚との駆け引きが好きな人にはたまらない。面白くて仕方ないのだ。

同行した斉藤記者も、ご覧の通り良型をキャッチ。

P3160462

 

訓覇カメラマンも、後半コツをつかんだ様子。

P3160469

とにかく、LT(ライトタックル)で挑めるのが嬉しい。

P3160451

 

0・6号の道糸を使えば、『LTテンビン』(Sサイズ)と『LTシンカー』(40号グロー)のセットで120メートル以上のタナも楽々攻めることができる。

この釣りの面白さは、間違いなく、LT(ライトタックル)で攻められることにある。

P3160457

(写真の『LTテンビン』は、「Sサイズ」ですが、試作モデルのためチューブカラーが赤になっています。本来のチューブカラーは、「青」が「Sサイズ」です。ちなみに、オモリは、『LTシンカー』40グラムのグロー)

唯一の外道は、サバ。

P3160460

このサバをいかに避けて大カマスを釣るかがカギ。

興味のある方はぜひぜひ挑んでみていただきたい。

当日の詳細については、4月1日発売号の『隔週刊つり情報』誌、『沖釣りイノベーション』をご覧ください。

 

 

「LT大カマス釣りが面白い」への4件のフィードバック

  1. 気になってはいる釣り物です。
    しかし、なかなか行くタイミングが合わなくて、行けず終いになっています。

  2. めっちゃ面白そうじゃないですか~(^ω^)
    先日のマルイカ後遺症には厳しい釣りなのか……

    やってみたい……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。