パラオ・エピソンカップ

facebooktwittergoogle_plus

パラオで開催される「エピソンカップ」という釣り大会に参加してきました。

P5301321

遠征時のタックルは、ダイワの「エアポータブル」ロッドとソルティガ。

P5291366

今回は、このロッドケースにキャスティングロッドを4セットと、ジギングロッドを3セット入れて行きました。もう1本位は楽々入りそうでしたが今回は7本。

大会会場は、「ドロップオフ」というバーで、日頃から釣り人たちの溜まり場になっているようです。

P5301357

ベースとなったホテルは、P.P.R(パラオ・パシフィック・リゾート)。

P5291363

毎日早朝から釣りばかりでしたが、できれば1日ぐらい、海辺のホテルでのんびりしたかったなぁ、などと今更ながら思ってしまいます。

到着翌日、プラックティスを兼ねて、気心の知れたアドロフキャプテンのボートでパヤオへ向かい、キハダの魚影をチェック。

何せ今回は、GT狙いではなく、キハダがターゲット。

P5291313

大型キハダに備え、メインラインはPE5号、ショックリーダーは、ナイロンモノフィラメントの130lbテストとしました。

当然、結びはPRノット。『かんたんリーダー結び』を使えば100パーセントノットが楽々できます。

P5291336

 

エビングでは、小さなキハダとツムブリ、カツオ、スマ等が入れ食い状態でした。

P5311442

 

↓これは、ツムブリ(レインボーランナー)。

P5311404

 

小型をただひたすら釣りまくり、パラオの魚影の濃さを堪能。

「では帰りましょう」と港を目指す途中で、トリヤマに遭遇。

ルアーをキャストすると、市ノ川氏にヒット。

あがって、きたのゆうゆう40キロ以上ありそうなキハダ。

P5291351

 

これにてプラは完了。

翌日、翌々日のトーナメントが楽しみになりました。

P5301335

初日は、主催者が提供してくれたクルーザーで、トローリング。しかし、一日粘ってヒットなし。

2日目は、パヤオ周りへ直行。

トップウォータープラグのキャスティングとエビングで執拗に攻める。

が、ほぼ入れ食い状態で釣れてくるのは小型ばかり。

当然お昼の食事は、こうなりました。

P5311426

この刺身を肴に、スポンサーの一つであるバドワイザーをグイとやる。

P5311360

結局、大型を釣ることはできなかったのですが、楽しい楽しい3日間になりました。

パラオのキハダや大会に関心のある方は、次号「ソルトワールド」をご覧ください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。